水虫対策

薬を塗って水虫菌が弱まった所にまた塗って更に弱めて行くと言う事が大切で、その持続+新陳代謝で確実に水虫菌をやっつけて行きましょう。

サイトトップ >

スポンサードリンク

水虫対策

水虫とは


「水虫」と言うのは白癬菌という真菌(カビ)が元になって発生する感染症の事を指しています。白癬菌の好物はケラチンと言う皮膚の角質部分で、白癬菌が持っているケラチナーゼと言う酵素で角質の成分であるケラチンを溶かして栄養源にして増殖していきます。このケラチンは爪や毛、皮膚等に多く含まれていますのでその部分に水虫が発生しやすいと言う事になります。


水虫の元、「白癬菌」は他のカビと同じ様に温かい所、湿った所が大好きです。その一番繁殖する時期と言われているのがやはりムシムシ、ジメジメしている季節である梅雨時期~夏時期にかけてだと思います。この時期はカビにとって最高の時期になります。また暑い時期に長い時間靴を履き続けたり、靴下を長い時間履き続けたりしていると、足の裏に汗をかいてしまいそれを放置する状態になってしまいます。そんな状態の皮膚と言うのは水虫にとってとても居心地がいい住み家になるのです。


かといって、水虫の感染力と言うのはそんなに強い物ではありませんので、少し触れた程度で感染する事は無いし、空気感染とか触っただけでの感染と言うのは殆ど無いと考えても良いと思います。ではどうやって水虫は他の人に感染していくのかと言うと、水虫の人が歩いてそこら辺の床に落として言っている皮膚の角質(垢)等が他の人にくっついてしまう事で感染すると言われています。


こう言う事を考えると、不特定多数の人が使っている足拭きマットや、居酒屋などのスリッパ等は特に要注意ではないかと思います。

水虫対策

MENU



スポンサードリンク